セキュリティポリシー

日本CHO協会は、個人情報の重要性を十分に理解し、個人情報の保護に関する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、以下のとおり個人情報保護方針を定めこれを実行することにより、会員及びお客様の個人情報保護につとめます。

個人情報の範囲

本協会が事業活動やサービス提供の過程で、書面、電子媒体、ウェブ等を介して収集した、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、生年月日その他の個人を特定できる情報(以下「個人情報」という)を対象範囲とします。

個人情報の利用目的

本協会の事業に関し個人情報をご提供頂いた場合、この個人情報は、協会活動の目的以外には使用しません。ただし、お申込み・ご契約頂いたサービスの提供を完遂するための業務処理及びWebサイトでの情報の提供(登録者への電子メール等での情報提供)に使用致します。

通信の際の暗号化について

会員登録、セミナー申し込みなどの個人情報の入力に際しては、SSL(Secure Socket Layers)という安全性の高いサーバソフトウェア(ウェブサーバ用デジタル証明書)を採用しています。これは世界中でもっとも広く多く使われているセキュリティシステムで、個人情報を暗号化して第三者が内容を見ることを不可能にする技術です。SSL導入により、大切な個人情報の盗聴・改ざん・成りすましなどのネット上の危険から護られた安全なウェブサイトの構築を目指しています。

個人情報の収集手段

日本CHO協会は、資料のご請求やセミナー等のお申込みなど当協会事業活動やサービス提供の過程で、氏名、連絡先、勤務先等の個人情報を書面、電子媒体、ウェブ等を介して収集します。

個人情報の管理

日本CHO協会は、個人情報を当協会内で秘密として保持し、当該情報が第三者への漏洩、流出することの無いよう管理致します。

委託先の管理・監督

利用目的の遂行のために業務を委託する場合、業務委託先と個人情報保護に関する取り決めを行う等、当該委託先による個人情報保護に万全を期すようつとめます。

個人情報の訂正・削除・開示

利用目的の遂行のために業務を委託する場合、業務委託先と個人情報保護に関する取り決めを行う等、当該委託先による個人情報保護に万全を期すようつとめます。

第三者への提供

個人情報は、ご本人の同意を得た場合又は法令の定めがある場合を除き、第三者に提供することは致しません。ただし、人命や人権を保護するために緊急を要する場合、または司法機関、警察等の公共機関による法令に基づく要請に協力する場合には、本人にお断りすることなく情報を開示することがあります。

改訂について

日本CHO協会は、この「個人情報の取り扱いについて」の内容を、事前の予告なく変更することがあります。定期的に当セキュリティポリシーページをご確認されることをお勧め致します。

個人情報保護に関するお問合せはこちらまで
日本CHO協会事務局 cho@pasona-ca.co.jp  03-6225-5225

個人情報の開示請求手続きについて (pdf)

個人情報手続き依頼書 (pdf)

Adobe Reader PDFを閲覧印刷するには、無償のAcrobat Readerが必要です。